牧野電設工業株式会社

会社案内

牧野電設工業の創業者である先代社長(牧野豊次)は、昭和26年に20歳の時に上京しました。当初いくつかの会社に勤務していましたが、先代の大変真面目な仕事ぶりに、勤め先から「娘をもらってほしい」と持ちかけられたこともあったそうです。24歳の時に独立して同郷の仲間と共に仕事を始めました。当時流行していたネオンの施工を中心に、徐々に電気工事を手がけるようになりました。そして独立後、取引先でもあった老舗の電材屋の娘さんとめでたく結ばれ、現社長と常務が誕生しました。

現社長、牧野光洋が牧野電設工業に入社したのは18歳の時。夜学で学びながら現場を勤め、4年目には現場を任されるようになっていました。昭和63年に念願の社屋が完成。当時はバブルに向かって世の中全体が上向きになっていた頃です。ゼネコンから任された現場の仕事ぶりが高く評価され、それを機に数社のゼネコンから仕事をいただくようになり、大きな現場がいくつも入ってくるようになりました。官庁の仕事もBランクからAランクへと規模が大きくなり、売上も上がり一気に成長を遂げました。

平成16年、当時まだ一般的ではなかった太陽光発電設備を本社に設置しました。お客様に良いサービスを提供するには、まず自分たちが設置してノウハウを蓄積する必要があると考えたからです。そしてシャープと特約店契約を結び「太陽光発電設備事業」がスタートしました。翌年には、日照時間の最も長い山梨県内に甲府営業所を開設しました。そして、「3.11東日本大震災」以降、太陽光発電の問い合わせが殺到。平成24年に電力の全量買取り制度がスタートし、自社での太陽光発電(売電事業)も始まりました。また、平成24年には介護予防通所介護施設「元気広場 梅里」がオープン。変革の時が訪れました。

自社発電所の開設はその後も順調に進み、平成27年度中には合計8カ所を数えるまでになりました。注目される蓄電池設備、売電事業や介護事業と、それぞれの事業展開に期待が寄せられています。今取り組んでいる課題は、未来に向けた組織づくりの整備です。各部署ごとの責任者がそれぞれの役割を果たし、機能する組織。半世紀の歴史を誇る電設工事業を軸に、太陽光発電設備や蓄電池設備、売電事業に加えて介護事業などを通して地域社会にさらに貢献し、皆様から必要とされる企業になることを目指しています。

ページトップへ

このサイトについて